「1テンからが、本当のクライミング」

青巌峡開拓時代の大先輩のクライマーさんが言ってた言葉が、しみじみ響く。
「1テンからが、本当のクライミング」

1テンなんか、誰でもできる。
1テンから完登までの道のりが、厳しくて辛い。
それを乗り越えた人だけが完登にたどり着く。

11台までは、この意味が分からなかった。
11台は、ムーブ解決できれば、つながるのが早かったし。

12台に入ると、この言葉の意味が分かりかける。
1テンになってから完登までは遠い、遠い・・・。
何日も通い、天候や岩の状態に泣かされたり。
ビレイヤー問題もあるし。

13はまだ登れてないけれど、きっともっとかかるんだろうな。
ある13のルートが2年前に一日目で1テンになったけど。
それから、何十便も毎回1テン・・・・
去年は1回しか行けなかった、もちろん1テン・・・。
今年は、まだタイミング合わなくて行けてない。

高グレードになると、何年もまたがって、何十日もかけて完登する。

ロープの高グレードは、「つなげる難しさ」が厳しい。
ムーブ解決してから通い続けつなげる、精神的な厳しさ。

ボルダーの場合だと、できない1ムーブを練習する為に、通い続ける。
できない1手の為に、何十日も練習に通うのも、精神的には厳しい。
それでも、ビレイヤー問題がない分、ボルダーの方が気楽かもな。

ロープの方が、パートナー問題の壁もあるので、
登れた時に、嬉しさ、安堵感がハンパないな。

そろそろ、2年前の宿題をやりに行きたいな。
スポンサーサイト

奥立岩(ボル31、ロープ7)

奥立岩(ボル31、ロープ7)

今日も奥立岩へ。
しかし湿度が高く、ベシャベシャ・・・。
雨の奥立岩

午後からは少し回復の天気予報を信じながら、
軽くボルダーをやり時間をつぶすが・・・
ガッツリと雨(T_T)諦めて撤収・・・。

悪条件の中、塾長はゲル状6c+ 完登!(*^^*)
ゲル状6c+ 完登

帰りに、行ったことなかった美唄に行ってきた。
始めてみたルート壁、面白そう~。
日本一の10m越えのキャンパもスゴイ。

今日はボルダーだけ。
壁の形状が面白い!さすが!
課題はパワー系が多くヨレヨレ・・・。
汗だくになりながら、沢山の課題を登ってスッキリ。
美唄のボルダー壁

やはり壁の箇条書きは好きだな。
「ムーブを教えない」
「ムーブを聞かない」
美唄の覚え書き

奥立岩(ボル30、ロープ7)

奥立岩(ボル30、ロープ7)

今日も奥立岩へ
友人がヘルフィンガーの完登トライなので、見届け人として。

自分は、まだ触ってなかったレイバー10aを。
MOSできたけれど、グレード以上に悪かったわー。
これで奥立岩のルート、コンプリートです。

なので、北ボルのボルダー課題3課題も触ってみる。
トラバース6b+
下地に岩が増えたので落ちにくい、頑張って一撃で登れた。

ゲル状6c+ ロートラバース
スタート、ゴールホールドよりも低いホールドのみで、ムーブを組み立てて、
納得のいくラインでの完登でした。
予想以上にムーブが面白かった。

ランジ7a まぁ、遠い
奥立岩 ランジ7a
外傾ガバから、遠いドガバへランジ。
足位置がなかなか決まらないで、試行錯誤。
どうにか、ムーブが決まり、ガバを捉えるも、抜けて落ちた・・・。
おかげで、指皮が一気に消耗したので、また次回・・・。

ここまで来たら、ボルダー課題もコンプするかな?(笑)

友人は、ヘルフィンガー5.12a 完登おめでとう~(*^^*)

奥立岩(ボル30、ロープ6)

奥立岩(ボル30、ロープ6)

今日も奥立岩へ
寝不足で体調はイマイチだけれど、岩を触りたくて出勤。
雨上がりで、到着した時は湿度が高かったけれど、午後からは状態も良くなってきた。

前回の宿題、「黒部源流5.11c」をマスターでトライするも、ヌン掛けで力入り過ぎてパンプでドボン(T_T)

2便目では、あまりレストせずに「ヨレる前に登る」へ作戦変更。
これが良かったのか、左に逃げずに気持良く登れた(*^^*)

次は「松山額縁店5.11a」
6年前に触ったような、触ってないような・・・。
とりあえずRPはしてないので、マスターで頑張ってみたけれど、
1ヶ所ムーブが分からずドボン・・・(>_<)
ムーブを作りTO。

2便目で、作ったムーブが悪くて、ダメだった・・・。
ムーブ修正して、TO。
3便目でようやくRP。
うーん、まだまだですね・・・・。

コンプリートにこだわりは一切無いけれど、
レイバー5.10aを残すだけだ。
まぁ、次回来た時にでも登ろう。


アヨロ 課題のご紹介

アヨロの課題のご紹介でも。
100岩に載ってない2課題です。

自分の力では登る日は来ないと思いますが、
素晴らしいラインなので紹介だけでも。
写真では伝わらないけれど、ドッかぶりです。
強いクライマーの人、ぜひ挑戦を。

「アヨロ インパルス 四段」
初登 浅利氏
二登 梅津氏
アヨロ インパルス 四段

次の課題は、前々から登られてて、北ボルにも言葉では載ってるけれど、
情報が少なすぎて、誰も触ってもいないライン。
狭いフェース、カンテはあり、左右の岩はもちろんなし。

課題名が無いので、初登者(品川氏)の名前から
通称「品川ライン 7a+」と呼ばれてます。
高さがあるので、注意して下さい。
品川ライン7a+

小樽赤岩(ボル30、ロープ5)

小樽赤岩(ボル30、ロープ5)

ふと午前中だけ休めるコトになったので、小樽赤岩へ。
今シーズン初の赤岩は、ボルダー。

行ったことのない「ネコサライボルダー」を探しに。
アプローチが滑りそうで怖かった。
無事に見つけるコトができた(*^^*)

※まだプロジェクトラインがあるので、登れるのは2課題です。ご注意を。

想像してたよりも、高くマントル悪い。
下地が狭いぞ、中山ラダーよりも狭い。
着地コントロール、どのムーブを選択するのか?
心と体のコントロールが試される岩です。
ネコサライボルダー

ただ、行けると予想してなかったので、10連登目になって。
登る前から、指も身体もダメダメ・・・(T_T)

そんな言い訳より、できるコトを頑張ろう。
まずは、どっかぶりを突破する「汚れない悲しみ7b/7b+」から
着地を意識しながら、1手1足ずつ、ムーブを探る。
どうにか、3手まではムーブができたけれど、その後が分からない・・・。
しかも、その3手の強度も高い。

グランドアップで1手づつ、ムーブを組み立てるので、
4手目のムーブ練習をしたいのに、身体がもたない・・・(T_T)
着地が危ないので、ヨレ過ぎたり集中力が欠けたらヤバいので、また次回。
どのムーブが正解なのか??うーむ??

次は「山陰土産6c」も触る。
これも、予想よりも難しい。
色々ムーブを考えて、ヨシ!と思ったら、スタンスが欠けた・・・(T_T)
うぅぅ・・・(涙)

それでも、上部の縦クラックまでいけたけど、
クラック内が湿ってる・・・、滑る・・・。
今日は完全に無風で、風が停滞してる。
下部のアンダーホールド触ると、濡れてるし・・・。
ゴリ押しは危ないかな?っと思い。こちらも、敗退。
次回はヌメらない日に、再度トライしたいです。

ちょっと事件が・・・。
一緒に行った友人が、着地でバランスを崩し、後ろにごろんとなり。
そのまま谷に落ちた!!!!!!!!!!!
慌てて、飛びついて足を掴み、谷底まで落ちずに済んだけれど、
マジで一瞬逝ったっと思った。
↓ここから落ちた・・・。
ギリギリのランディング

開拓者の方は、ここを一人で登り込み初登、スゴイです!!!
インドア気分で落ちたら、即逝けます・・・。

新しい岩なので、新鮮に楽しめた!
開拓者に感謝です(*^^*)

友人が赤岩ボルダーお初だったので、
帰りに、短時間だけカニ岩へ。
カニ岩

景色を堪能してリラックス。
直上6aのラインだけ登って終了。
景色は最高

短時間だったけれど、楽しかった~

臭い臭いクライミングシューズ 対策

臭い

臭いクライミングシューズ、嫌ですね。

隣に来ただけで、気持ち悪くなります。
しかも皆気を使って、臭いと思いながらも、誰も言ってくれません。

お湯で一生懸命洗っても、すぐに臭い復活しますよね。
色々な消臭グッズも使ってると思います。

臭さが定着したシューズは、ようは菌の繁殖なので、
この菌を殺さないコトには、根本的な対策にはなりません。

で、おススメが、キッチンハイター等の漂白剤。
酸素系を使って下さい。塩素系はソール部分が痛みます。

ぬるま湯で、30分ほどつけ置きしてから、洗ってみて下さい。
正直、靴は痛みますが、臭いは消えます。

臭いシューズで困ってる人は、ぜひ挑戦してみて下さい。

山中海岸(ボル29、ロープ5)

山中海岸(ボル29、ロープ5)

午前中の仕事を終わらせ、午後から開拓エリアへ
先に行ってた友人達に合流。
海岸エリアで、日陰が無く暑い・・・。
暑い

マムシ注意の看板は見てたけれど、初めてマムシ見た!
しかも、メインの岩「かっぱ岩」の上で日光浴。
塾長がアップで、マントル返したら、目の前に居て焦ったって。
自分も見に行ったら、まだ居て、うちらの気配を感じでクラックへ入って行った。

このエリアに行く人は、マジで注意して下さいね。
後ろから登って、岩の上にマムシ居ないかチェックして下さい。

登りは、海沿いのプロジェクトを
一時間ほど、色々ムーブを考えるも、浮くけど1手目が出ない。
1手モノ課題は、あまりモチベーションも上がらない。

で、隣に綺麗なフェイスのラインがあったので、登ってみた。
4.5m程の垂壁、カチがちょうどいい感じに繋がってる。
塾長初登で、高さもあり、下地も良くないので「亀の甲羅6a」とする。
亀の甲羅6a 初登 塾長

自分は、ノーマットでトライしてみた。
緊張感がハンパない、ホールド欠けたらOUTだし。
慎重にホールドを確認しながら登った。
綺麗なラインで、ナイスな課題だ(*^^*)


その後は、Sunriseの再登を
初登時に比べて、ガッツリ岩が2ヶ所欠けて、初登ムーブができない。
再登して、グレードも確認したかった。
難しくはなったけれど、登れるし、ナイスな課題。
「Sunrise 6c」

ルーフからつなぐ「under control 7a+/7b」も可能だな。
ただ、ホールド濡れてて、再登はできず。

あとは、ナマケモノも再登してみた。
これは、初登時より岩の状態が良かったので、楽に感じた。
「ナマケモノ6c+」
ナマケモノ6c+

塾長がトライしてた、「Sunshine 7a」 一緒に触る。
3度目の再登、今日は時間かかった・・・(*_*)


これで、めぼしい課題はだいたい再登もできたな。
あとは、プロが3本、どうするかな?
1手もので、強度が高いので、モチベーション核心かな。
まぁ、のんびりと触り続けてみよう。

奥立岩&神居古潭(ボル28、ロープ5)

奥立岩&神居古潭(ボル28、ロープ5)

岩の連登、今日は奥立岩と神居古潭。
ロープ&ボルダーっと、長い一日。

友人達を神居古潭で降ろし、奥立岩へ。
前回と違い、今日は岩の状態が良い(*^^*)

アップがてらにスーパーヘルフィンガー5.12bのムーブ確認。
予想以上に気温が低く、指が冷えて感覚が無かった。
気温が上がるまで、身体と指を温めて、タイミングを待つ。

本日2便目で、無事にRP。
やはり、持久力が無い自分の作戦は、ヨレる前に登りきるです(*_*)
奥立岩

その後、じっくり休んでから、触ったコトのない
黒部源流5.11cをMOSでトライ。
ガチで頑張ったけれど、岩のオンサイトはマジで難しい。
ロックして、ホールドを探りながら登るので、パンプが半端ない。
後半の核心部で、どパンプしてフォール・・・。
悔しいな・・・(T_T)

ロープはここで終了で、神居古潭へ。

触ったコトの無い岩「熊落としの岩」へ
こないだの清掃で、登れるようになってた。
ありがとうございます!
熊落としの岩

ニューハスラー6c登れたと思ったら、ラインが違ってた・・・(T_T)
また次回、登り直ししようっと。

繁殖期7bのラインもカッコ良かったので、
かなり難しそうだけれど、登ってみたいな~。
またじっくりと登りに来よう。

ロープとボルダーをやり、ボロボロのヨレヨレだけれど、楽しい一日でした(*^^*)

山中海岸(ボル27、ロープ4)

山中海岸(ボル27、ロープ4)

今日は午前中の仕事を終えて、午後だけ岩。
開拓中のエリアへ。
2本のプロジェクトが残ってる。

到着したら、潮が満ちてて、波も高い。
今までで、一番波が上がって来てる。
長いアプローチも濡れそうになりながら進む。
波が高い

先に来てた友人と合流。
ロケーションが良い

1つのプロは、波の中で登れません・・・。
もう一つのプロは、昨日からの雨で、染み出しがあり登れませんでした・・・(T_T)
まぁ、自然環境も岩登りのうちなので、腐ってても仕方ないし。
染み出して、離陸できず・・・(T_T)

面白かった課題を再登でも
6bの2本が★で、一緒に登る。
力だけでは押しきれない課題、面白い。

Sunshine7aの再登もした。
Sunshine 7a 再登
初登ムーブより、楽なムーブが見つかった。
これで、ちょうど1級って感じだな。
レラと同じ位の強度に感じる。

近い岩場で良いけれど、微妙に長いアプローチ。
まぁ、岩場に来れるだけマシだな。

明日も岩だ、頑張ろう(^-^)
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
カウンター