岩探し

雨予報だったので岩探しへ。

相変わらず虫が多い。
ダニみたいな1mm位の虫で、羽があった飛ぶ虫。
これが、かなりまとわりついて、めっちゃ気持ち悪かった。

この虫には、虫除けが効かない・・・。
殺虫剤だと逃げるんだけれど・・・。
髪の毛の中にも入ってくるので、マジでウザい。

そんな中、熊糞に怯えながらも、がんばって進む。
あとちょっとかな?っと思ったけれ・・・。、
雨足も強くなるし、藪こぎが酷過ぎ、急登過ぎっと。
3つ揃ったので撤退しました。

帰ってきてからGPSのログを調べたら、まだ半分しか行ってなかった。
また機会見つけて、遠いけれど一度はこの目で見に行こう。
ボロボロの砂岩ってオチにならないで欲しいな~。
岩探し

もう一ヶ所も行ったけれど、こっちは完全に空振りでした・・・
スポンサーサイト

大人のボルダー大会@レインボークリフ

大人のボルダー大会@レインボークリフ

今日は、超珍しくインドアボルダーコンペ。
まぁ、コンペと言っても、セルフジャッジのセッション。
マイペースで登れるので良い。

すっかり岩ばかりな自分。
インドアは登れなかった期間明けで、どこまでいけるのかな?
大人のボルダー大会3
しかし、とにかく暑かった・・・。
ありえない程に汗だく・・・、Tシャツが絞れる。

セッターは、ムシャくん、阿部くん、吉田くん。
やはり、ハリボテと最近のコンペ課題を設定した、ムシャ課題がとにかく苦手。
普段一切やらない動きなので、もう分からない・・・(T_T)
大人のボルダー大会2
むしゃくんの緑を1本登れなかったけれど、他の緑&オレンジ以下は全完できたのでヨシとしよう。
やはり、登れるも登れないも実力ですね。

時間制限あるインドアボルダー。
普段やっているクライミングと正反対のクライミングだったけれど、面白かった~!
セッター陣、スタッフ陣に感謝です(*^^*)
大人のボルダー大会1
↑自分が写ってた(*^^*)

岩場さがし

岩場探しをしていると、必ずたどり着くのが、やはり吉田和正氏のブログ情報。
色々な岩場を探し、11勝238敗と書いてあった。
5%以下の確率。約20回に一回見つかれば良い方なんだな。

先日購入した「北海道の山と谷」を読んでて。
シシャモナイの「への字ハングダイレクト」3P(A1、A3、A1)の人工ルート。
シシャモナイ
2P目、約6mのルーフを抜ける、相当ハードなルート。

ここをフリー化したら、面白そう!っと思い、色々調べたら。
ヨシーダ氏が、トライして2P目は解決できなかったと書いてあった。
あのヨシーダ氏が、解決できなかったという事は、最低でも5.13以上はありそうだ。

それ以上に、最大の核心はアプローチ。
懸垂し、帰り用にロープをFIXしたりして、1時間半のハードなアプローチがある。
自分のクライミングの実力と、アプローチを考えると、無理だな・・・。

しかし、見事な岩だ!いつかは、登ってみたいな。
どこかにいい岩場は無いかな??
情報お待ちしています。

元ネタのヨシーダ氏のブログはこちら
「北海道.新たな岩場考」

「北海道 もしかしたら使えるかもしれない岩場」

「北海道のすごい岩場を考える。」

平日クライマー

宿屋のおやぢなので、
いわゆるサービス業なので、世の中が休みの時が繁忙期な仕事。

もともと一人旅がメインの趣味なので、航空券の安い時期に行けるし、それほど困るコトもない。
むしろ、世の中と休みが逆でラッキーだなっと思ってた。

ただ、ロープクライミングだけはそうもいかない。
もともとロープがメインで登ってたし、今もロープも大好き。

しかし、平日休み、しかも不定休なもので、安定してパートナーが居ない。
ビレイを安心してまかせられないと、思い切り登れないし・・・。
っと、少しづつボルダーが増えてきて、今や8割以上はボルダー。

ボルダーも好きだし、全然良いんだけれど・・・。
3年以上たっても、登れてないロープの宿題が多くて・・・。

ロープクライミング(スポーツルート)と、ボルダーが、今はメインだけれど。
クラック、アルパイン、沢登り、アイスクライミング、ミックス等などもタイミング合えば、やってみたいと思う。
夏の縦走だって、雪山の縦走は思い切りやってみたいとも思う。

自営業で、子供達もいて、完全な休日がほぼない自分ができることを楽しむ。
他人を見て、いいなーっとは思うけれど、「他人は他人」
自分で、選択してこうなってるんだしね。

年に一度の海外遠征を目標に、夏の繁忙期を乗り越えようっと。

待ってろブロー(*^^*)
Bas Cuvierエリア
Bas Cuvier

「1テンからが、本当のクライミング」

青巌峡開拓時代の大先輩のクライマーさんが言ってた言葉が、しみじみ響く。
「1テンからが、本当のクライミング」

1テンなんか、誰でもできる。
1テンから完登までの道のりが、厳しくて辛い。
それを乗り越えた人だけが完登にたどり着く。

11台までは、この意味が分からなかった。
11台は、ムーブ解決できれば、つながるのが早かったし。

12台に入ると、この言葉の意味が分かりかける。
1テンになってから完登までは遠い、遠い・・・。
何日も通い、天候や岩の状態に泣かされたり。
ビレイヤー問題もあるし。

13はまだ登れてないけれど、きっともっとかかるんだろうな。
ある13のルートが2年前に一日目で1テンになったけど。
それから、何十便も毎回1テン・・・・
去年は1回しか行けなかった、もちろん1テン・・・。
今年は、まだタイミング合わなくて行けてない。

高グレードになると、何年もまたがって、何十日もかけて完登する。

ロープの高グレードは、「つなげる難しさ」が厳しい。
ムーブ解決してから通い続けつなげる、精神的な厳しさ。

ボルダーの場合だと、できない1ムーブを練習する為に、通い続ける。
できない1手の為に、何十日も練習に通うのも、精神的には厳しい。
それでも、ビレイヤー問題がない分、ボルダーの方が気楽かもな。

ロープの方が、パートナー問題の壁もあるので、
登れた時に、嬉しさ、安堵感がハンパないな。

そろそろ、2年前の宿題をやりに行きたいな。

臭い臭いクライミングシューズ 対策

臭い

臭いクライミングシューズ、嫌ですね。

隣に来ただけで、気持ち悪くなります。
しかも皆気を使って、臭いと思いながらも、誰も言ってくれません。

お湯で一生懸命洗っても、すぐに臭い復活しますよね。
色々な消臭グッズも使ってると思います。

臭さが定着したシューズは、ようは菌の繁殖なので、
この菌を殺さないコトには、根本的な対策にはなりません。

で、おススメが、キッチンハイター等の漂白剤。
酸素系を使って下さい。塩素系はソール部分が痛みます。

ぬるま湯で、30分ほどつけ置きしてから、洗ってみて下さい。
正直、靴は痛みますが、臭いは消えます。

臭いシューズで困ってる人は、ぜひ挑戦してみて下さい。

プラスチック3連登

2月後半に壊した指の調子が良くなってきたので、
レインボーでロープ2連登で、まずまずホールドを持っても痛みも少なく、
ようやく3ヶ月ぶりに、プラスチックが楽しいと感じた。

ドハマりした11bは苦戦したけれど、
11b、11aもOSできたし、11dも二撃とまずまずな感じだった。

なので、調子に乗り3連登目にウィップスへ。
ファンくん


久しぶりのウィップスの壁は、やはり美しい。
ホールドの種類も豊富で、登欲が上がる。

ピンク、緑を適当に登り感触を思い出す。
やはり、1ムーブの強度の高いものもあり、傾斜が厳しい。
青テープを適当に順番に登る。
1撃できるもの、登れないものもあり、楽しかった。
水色は、まだキツく敗退。
オレンジは、お話にならなかった(T_T)
美しい壁のウィップス

ただ、調子に乗った分、指が腫れて、肩が痛くなった・・・。
ちょうどいいペースが保てない・・・。

偶然、久しぶりに会った遠方のクライマーさん。
来月にフォンテーヌブローに行くとこコト。
しかも、トポを3冊も持っていて、過去に行ったこともあるので。
色々、有意義な情報を教えてもらえて良かった~。

PAXくんからも、いろいろブローについて教えてもらえて、
秋の遠征が、益々楽しみなった(*^^*)
フォンテーヌブローのトポ達


インドアを3ヶ月休んでたので、慌てずにゆっくりフィジカルを上げて行こうっと。
もうしばらくは岩メインなので、慌てない、慌てない、っと自分に言い聞かせないと。

海外 クライミング遠征

自分は、若いころからバックパッカーな一人旅が大好きで、
色々な海外をフラフラと旅してきました。

オジサンになり、仕事&子供ができ、今は年に一度10日間の旅のみになったけれど。
行けるだけ嬉しい。

クライミングを始めてから、そんな一人旅の替わりに
海外へクライミング遠征をするようになった。
これが、まぁ楽し過ぎで、最高なのです。

クライミングと旅が好きな人は、国内外問わず遠征に行ってみて下さい。
めっちゃ楽しいと思います。

ちなみに、今年はフランスのブローへボルダー遠征です。
まだまだ行きたい岩場は、山ほどあるので、毎年遠征先を考えるのが楽しいです!

今までの遠征をちょっとだけ振り返ってみる。

2016年11月 ラオス ターケーク
山行記録はヤマレコへ
ラオス ターケーク GCH

2015年11月 タイ プラナン 2回目
山行記録はヤマレコへ
tmp_imgresize (1)

2014年11月 カンボジア シソポン
山行記録はヤマレコへ
カンボジア遠征

2013年11月 ハワイ ボルダー
山行記録はヤマレコへ
ハワイボルダー The Arch

2012年11月 タイ プラナン
山行記録はヤマレコへ
タイ プラナン
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
カウンター